其角

主人

超地元的深川観光案内「深川のススメ」

第十九回

 「富岡八幡宮と永代寺・まとめ」

 さてさて、第2クルーに入ります前に、今までのまとめと補足といたしまして、富岡八幡宮、永代寺、深川不動尊をめぐる、不思議な縁起について、書いておくこととします。

 一番左下の写真の石碑にも刻まれているように、1624年ごろ、江戸時代の寛永年間に、長盛法印というお坊さんが、深川の永代島に、富岡八幡宮を、今の砂町にあった「砂村八幡」を移す形で、創建しました。そして、その長盛法印が、八幡宮別当、という形で、永代寺をも創建したのです。

 八幡宮を創建したのは、長盛法印というお坊さんですが、いくら江戸時代が「神仏混交」だったからといって、お坊さんが八幡宮の神主になる、ということは無かったんでしょうね。というか、神主になるよりも、お坊さんでいたほうが、何かと有利、便利だったのかもしれません。で、自分の居場所として、永代寺を「八幡宮別当」として創建しました。つまり、八幡宮は、創健者である長盛法印の創った永代寺の支配下にあったのです。というか、八幡宮のオーナーは、長盛法印であり、その彼のいたのが、永代寺、なのです。

 古地図で見ると、八幡宮より永代寺のほうがはるかに寺域が広いのはこのためです。八幡宮・永代寺のオーナーである長盛法印、そしてその跡を継いだ永代寺住職(子孫かどうかはわかりません)たちは、自分たちの居場所である永代寺のほうをどんどん拡大したわけです。江戸自体に名所であった庭園も、永代寺のものでした。

 現在の富岡八幡宮

歌仙桜の碑裏

 ただ、江戸の庶民には、永代寺より江戸三大八幡のひとつとされた「富岡八幡宮」のほうが有名で、人気があったようです。有名であった「永代寺庭園」の山開きの模様も、江戸名所図絵には、「深川八幡山開き」と記されていますし、八幡宮の近辺には、料理屋、水茶屋、遊郭などが立ち並んでにぎわっていましたが、これらもすべて、富岡八幡宮の門前町、としての賑わい、であったようです。

 古地図には、現在の門前仲町界隈は、「永代寺門前町」と書かれていますし、永代寺のほうか八幡宮より、はるかに寺域が広いですから、八幡宮より永代寺のほうが、深川を代表する存在で八幡宮を圧していた、と現在の私たちは考えがちです。また、そういう説明をなさる方が、深川をガイドなさっている方には多いのですが、実際にはそうではなく、深川を代表して有名だったのは、富岡八幡宮であり、永代寺門前町の名前も、永代寺の圧倒的な寺域の広さも、これは全て、富岡八幡宮のオーナーが永代寺であったから、そうできたのです。

 さて、その永代寺の境内に、五代将軍綱吉の生母桂昌院の希望で、成田山からお不動様が運ばれて「出開帳」が行われ、大人気を博し、その後、この「出開帳」はしばしば行わるようになります。

 そして、明治時代に入ると、「廃仏毀釈」の嵐が吹き荒れるようになります。日本古来の神様を大事にし、仏様をぶっ壊せ、という政府の「国粋主義政策」です。これによって永代寺は取り壊され、廃寺となりました。

 しかし、ここには謎めいた取引があった模様です。永代寺は廃寺になり、寺は全て取り壊されましたが、廃寺になった永代寺の住職はそのまま、富岡八幡宮の宮司になりました。もともと、永代寺住職が八幡宮のオーナーだったからこそ、それが可能だったのです。そして、取り壊された永代寺の敷地は、そのまま、富岡八幡宮が引き継いだのです。つまり、永代寺側は、なにも損をしていない。もちろん永代寺の建物はなくなりましたが、その敷地はもらって、その土地を現在の門前町に開発したわけですから、損とはいえません。要するに、政府としては、「廃仏毀釈」の象徴として、八幡宮のオーナーだった永代寺を「取り潰す」ことにしただけで、結局、永代寺は何も失っていないのです。

 これだけではありません。永代寺の中にある小さいお寺、塔頭であった「吉祥院」だけは、かなり広い寺域を維持したまま、残されました。そしてその吉祥院の境内に、「出開帳」で人気を博したお不動様のお寺が、「深川不動尊」として、明治14年、現在の場所に建てられるのです。あたかも、深川不動尊を建てるために、吉祥院を残したかのようです。そして、深川不動に敷地のほとんどを譲り渡した、その吉祥院が明治29年、名前を「永代寺」に変えて、現在に至ります。

 まあ、これが、深川を代表する「富岡八幡宮」「深川不動尊」「永代寺」の縁起です。今まで折にふれて書いてきましたが、こうやってまとめてみると、わかりやすくなりましたでしょうか。しかし、実に面白い、不思議なお話でしよう?深川にいらしたときには、こんな薀蓄をたれると、楽しいですよ、きっと。

                       2月15日 其角主人

 

旧「吉祥院」の現在の永代寺。
「吉祥院」の境内に建てられた、という深川不動堂
 深川公園にある永代寺跡の石碑。
大好評「深川のススメ」既刊

深川のススメ:第一回「富岡八幡宮」

深川のススメ:第二回「黄金の本社神輿]
深川のススメ:第三回「横綱力士碑]
深川のススメ:第四回「大関力士碑」と「巨人力士碑」
深川のススメ:第五回「七渡弁天と弁天池」
深川のススメ:第六回「大鳥神社とお富士さん」
:深川のススメ第七回「歌仙桜の碑」
深川のススメ:第八回「謎のストーンサークル」
深川のススメ:第九回「深川不動尊」
深川のススメ:第十回「五代目尾上菊五郎の碑」
深川のススメ:第十一回「尾上菊五郎の碑と玉垣」
深川のススメ:第十二回「団菊左揃い踏みの燈明台」
深川のススメ:第十三回「深川龍神と亀鯉供養碑の真実」
深川のススメ:第十四回「芸者島次の心意気・志満寿ざくらの碑」
深川のススメ:第十五回「永代寺の謎・消えた永代寺」
深川のススメ:第十六回「永代寺の謎・消えた江戸六地蔵」
深川のススメ:第十七回「永代寺の謎・失われた玉垣から」
深川のススメ:第十八回「永代寺の戦災供養」
深川のススメ:第十九回「富岡八幡宮と永代寺・まとめ」
深川のススメ:第二十回「日清・日露戦没者慰霊碑」
深川のススメ:第二十一回「採茶庵と芭蕉・奥の細道」
深川のススメ:第二十二回「清澄庭園と紀伊国屋文左衛門」
深川のススメ:第二十三回「幻の清澄庭園」
深川のススメ:第二十四回「もうひとつの清澄庭園」
深川のススメ:第二十五回「洲崎遊郭・洲崎パラダイス」
深川のススメ:第二十六回「洲崎遊郭・遊郭跡の建物群」
深川のススメ:第二十七回「洲崎遊郭・洲崎の面影」
深川のススメ:第二十八回「番外編・幻のグランド・キャバレー」
深川のススメ:第二十九回「深川の花街・江戸のグルメタウン」
深川のススメ:第三十回「深川の花街・巽芸者の街」
深川のススメ:第三十一回「小津安二郎と深川・そして大野晋」
深川のススメ:第三十二回「深川なれども住吉神社」
深川のススメ:第三十三回「イワシは貧乏人の食い物?干鰯場の繁栄」
深川のススメ:第三十四回「八幡橋あたり・木場の思い出」
深川のススメ:第三十五回「大山参りとお富士さん」
深川のススメ:第三十六回「国旗掲揚台は残った」
深川のススメ:第三十七回「寺に歴史あり・心行寺」
深川のススメ:第三十八回「江戸の墓事情」

其角せんべいホームページへ